運用・保守

運用・保守

新しいシステム管理方法の提案

システム導入時の費用対効果は正しかったのか あなたが新しいシステムを導入検討している際に、費用対効果もしくは投資対効果があるかどうか算出しているでしょう。 しかし、導入後に実際の費用と実績の効果、投資は算出していますでしょうか...
次期基幹系システム

社外の優秀な人材いかに確保するか

基幹系システム導入時、コンサルタントは必要 次期基幹系システムを再構築する上で必要なのは、時間とお金と人です。何をするにも、この3つは必要になります。そして、必ず行き当たる課題は人材です。 社内でコンサルタントを育成を行うとい...
運用・保守

IT戦略がなければ、企業に未来はない

IT戦略とは何か? IT戦略という言葉はご存知ですか?社内SEをやっていると、よく聞くワードでしょう。 社内SEの仕事は、様々なシステムの運用・保守がメインです。そのため、新しいツールを導入やシステムの切り替えの際に企画・提案...
運用・保守

THE LAST COBOLER

COBOLって何? ラストコボラーなど、壮大なタイトルを着けましたが、中身はあまりないです。すみません。 なぜなら、COBOLを知らないから。 COBOLを見たことすらないです。 しかし、そのCOBOLが及ぼす影響...
運用・保守

基幹系システムの保守・運用の面白さ

自社のシステムを運用するやりがい? 社内SEにもいろいろな方がいまして、それによりいろいろな考えがあります。なので、基幹系システムを保守・運用の面白さは人それぞれです。 私としては、「自社の基幹系システムを支えているぞ」という...
運用・保守

マスターを笑うものはマスターに泣く

基幹系システムを支えているのはマスター 社内SEとしての仕事のひとつとして、障害対応があります。障害の原因ですが、システムが起因の障害とヒューマンエラーが起因の障害に分けられます。 ヒューマンエラーが起因の障害は、さらに2つに...
運用・保守

障害対応はつづくよ、どこまでも

社内SEの障害対応という仕事 社内SEをやっていると、避けてとおれない仕事。それが障害対応です。 障害が発生すると、予定してスケジュールをすべてひっくり返して、最優先で対応しなければいけません。 障害対応になると、イキイ...
法対応

法対応が及ぼす基幹系システムへの影響

法対応は絶対。無視できない必須要件。 法対応は社内SEにおいて非常にやっかいなものです。今年で言えば、本日(2019年4月1日) から施行される有給休暇の義務化、2019年5月の新元号、現時点(2019年4月1日)では決定ではないで...
ベンダーコントロール

ベンダーコントロール

ブンブンブン、蜜蜂ハチです。 本日、社内SEからみるベンダーコントロールです。通常の保守・運用の視点です。時期基幹系システムの視点はまた別の機会に当ブログに書かせて抱きます。 ベンダーコントロールという言葉があまり聞き慣れない...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました