かんぽ生命の基幹系システムについて

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

タイムリーな記事を書けず、申し訳ない。

スポンサーリンク

かんぽ生命の不適切契約

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

今回の件で、不利益にあったかもしれない方は、確認されることをオススメします。

かんぽコールセンター。

番号は0120(552)950。

ニュースになってるので、みなさんご存知と思います。

かんぽ生命 不適切販売疑い18万件に倍増 調査へ(19/07/31)
日本郵政グループにおけるご契約調査及び改善に向けた取組について|プレスリリース|かんぽ生命

簡単にまとめると、下記の2つが起きており、

  • 保険料二重払い
  • 無保険状態

その原因は、営業の報酬ルールと高いノルマが原因のようです

このブログで記事にすると、不適切契約の原因が基幹系システムであると疑われそうですが、基幹系システムが原因ではないです。

スポンサーリンク

かんぽ生命の基幹系システムは?

IBMのメインフレーム「z Systems」を採用しています。

IBM Z メインフレーム・サーバーおよびソフトウェア
IBM Z メインフレームは、デジタル時代に求められる信頼を根幹から支える、ITインフラストラクチャーを提供します。

約7年かけて、2017年1月にリリースしてます。かなり壮大なプロジェクトですね。PM実施賞エクセレントパートナーシップ賞 を受賞してます。

プロジェクトマネジメント学会

開発言語はCOBOL。社内で内製化しているそうなので、それにより、開発費のコスト削減も実現させたようです。

純資産額で国内トップの規模を誇る株式会社かんぽ生命保険(以下、かんぽ生命)は、2017年1月、約7年の歳月と1200億円を費やし、業務処理系と情報分析系からなる基幹系システムを更改。IBMのメインフレーム「z Systems」を採用し、システム品質、生産性の向上と、大幅なコストダウンを実現した。

かんぽ生命副社長・井戸潔が語る基幹系システム刷新、成功の鍵とは? - IBM THINK Business
基幹系システムを更改にあたり、外部パートナーに仕事を丸投げせず「One Team」で超大規模プロジェクトを遂行した、株式会社かんぽ生命保険・井戸副社長のインタビュー。

記事を読む限り、旧システムをそのまま新システムに作り替えただけのように読めるのですが。。。コンバージョンしたあと、作り替えたのか?実際どうなんでしょう?

システムの仕様情報がない中で、開発言語をIDL2からCOBOLに変え、700万にのぼるプログラムのステップを、自動変換率95%という高い精度でコンバージョンしてくれたIBMの技術力に尽きます。

https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/kampo/

こちら「基幹系システムの更改と今後の戦略」という資料があります。ご確認下さい。

郵政民営化委員会 第162回 議事次第

また、プロジェクト当時の募集要綱です。(現在は募集してません。)

“かんぽ生命保険”の次期基幹システム構築を担う【PL(PM候補)】(498974)(応募資格:■基盤システムの設計・構築から運用設計を手掛けてきた方■保険… 雇用形態:正社員)|かんぽシステムソリューションズ株式会社の転職・求人情報|エン転職
かんぽシステムソリューションズ株式会社の“かんぽ生命保険”の次期基幹システム構築を担う【PL(PM候補)】(498974)の転職・求人情報。日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト【エン転職】。専任スタッフによる書類選考対策や面接対策に役立つ無料サービスが充実。求人企業からのスカウトも多数。
かんぽシステムソリューションズ株式会社【かんぽ生命保険100%出資】の転職・求人情報|【PL・PM】かんぽ生命保険の次期基幹系システムの基盤構築を手がける−転職ならtype
typeは、職種や勤務地、条件から中身の濃い求人情報を検索できる転職サイト。未経験からベテランまで幅広い求人情報を掲載。その他、経験スキルや希望、性格から最適な求人情報をセレクトするマッチングシステムに、年収診断や経歴書サンプルなど、転職について学べるノウハウ情報も充実!
スポンサーリンク

かんぽ生命の基幹系システムの運用

かんぽ生命の基幹系システムは、子会社であるかんぽシステムソリューションズが設計・開発・保守を行ってます。

かんぽシステムソリューションズ(かんぽSOL)
かんぽシステムソリューションズ(かんぽSOL)のコーポレートサイトです。かんぽSOLは、2011年10月3日に誕生した、かんぽ生命保険のIT戦略パートナーです。
蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

自分たちが構築したシステムが、間接的にも加担してるとしたら、落ち込みますよね。

システム側は悪くない。

スポンサーリンク

基幹系システムの運用保守から、不適切契約を見抜けなかったのか?

見つけるのは不可能でしょう。不適切な契約が行われはじめたのが、2016年頃。基幹系システムのカットオーバーが2017年1月。納期が決まった中、忙しいのに見つけるのは不可能です。

ましてや、今回は架空契約でもなく、不正な金額でもないです。なので、基幹系システムとしては、特に問題ないデータとして処理されてます。

ただ、下記にあるように、ビッグデータを用いて生活スタイルにあった掛け金設定をするとあります。リリースして約2年、うまく活用できなかったのでしょうか?

例えば、ビッグデータ解析により、個人の健康度合いや生活スタイルに合った掛け金の設定や、健康増進に向けた各種サービスの提供が期待できる。

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/news/17/013000288/

仮に不適切な契約だ!と、かんぽシステムソリューションズが見つけて、かんぽ生命に報告したとしても、親会社子会社の関係ですから、止めるのは厳しいでしょう。

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

3000万件の契約をすべて見直すそうです。データ取得、加工とか、大変だろうな。

どうやってするだろう。。。

スポンサーリンク

最後に

基幹系システムのリリース当時に、かんぽシステムソリューションズ株式会社取締役と、株式会社かんぽ生命保険取締役 兼 代表執行役副社長、かんぽシステムソリューションズ株式会社取締役 井戸 潔 氏がこう語ってます。

かんぽシステムソリューションズの約600人、かんぽ生命システム企画部の約100名、合計700人全員の意識が変わるのには時間がかかるかもしれませんが、少なくともキーマンの意識は変わりつつあります。

https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/kampo/
蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

“キーマンの意識は変わりつつある”と書いてあるが、変わってなかったか。。。もしくは、悪い方向へ意識がかわったのか。

ビービー
ビービー

今回はあくまで、不適切契約。

自分でしっかりと知識を持って、身を守ることも大事だよ。

ベンチマーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願い致します!
蜜蜂ハチをフォローする
スポンサーリンク
社内SEと次期基幹系システム
タイトルとURLをコピーしました