リクルートの基幹システム

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

ベンチマークシリーズ。

正直、さすがリクルートといった感じです。

DX企業を目指すなら、参考するポイントは多々あるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

リクルートグループの事業内容や経営方針など

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

知らない人はいない大企業。利用したことのない人はいないでしょう。

リクルートホールディングス - Recruit Holdings
株式会社リクルートホールディングス(Recruit Holdings)の企業情報サイトです。リクルートグループの事業・サービス紹介や、投資家の方へ向けたIR情報などをご案内しております。一人ひとりに「まだ、ここにない、出会い。」を提供していきます。

事業のセグメントは3つ。

  • HRテクノロジー(indeed)
  • メディア&ソリューション(SUUMO,ゼクシィ, ホットペッパー など)
  • 人材派遣(リクルートスタッフィングなど)

グループ企業数は、2019年3月31日時点で 344社。従業員数は45,856名。

連結営業利益は、2,230億円(2019期)。数字だけみてもスゴイです。

今後は積極的なM&Aも行っていきそうです

リクルート、M&A投資枠最大1000億円積み増し: 日本経済新聞
リクルートホールディングスは3~5年の中期的なM&A(合併・買収)向けに最大8000億円の投資枠を設ける。従来は7000億円としていたM&A枠から1000億円積み増す。3期連続最高益と好調な業績を受け、資金を成長投資に振り向ける。
スポンサーリンク

リクルートグループの基幹系システムは?

株式会社リクルートテクノロジーズがリクルートグループの基幹系システムの運用保守を行っているようです。

リクルートテクノロジーズ
株式会社リクルートテクノロジーズのオフィシャルサイトです。企業情報、ニュース、中途・キャリア採用情報などのさまざまな情報をご覧いただけます。

パッケージ導入というよりは、自社で開発のほうが多いみたいです。いわゆる内製化しているようですね。

当社の基幹システムはパッケージ導入というよりはスクラッチで開発するケースが多いのも特徴です。 

https://doda.jp/z/job/3000886885/

会計系に関しては、Neoという呼び名で構築しているようですが、詳しくはわかりませんでした。

人事系に関しては、SCSKのProActive E2を使用しているようです。しかし、2012年に導入しています。現時点(2019年)でもおそらく変わっていないでしょう。

SCSKのERPパッケージ「ProActive E2」がリクルートグループの新グループ共通会計システムとして本番稼働
SCSK株式会社は、自社開発のERPパッケージ「ProActive E2」が株式会社リクルートホールディングスの新グループ共通会計システムとして、計画通り本番稼働を迎えましたので、お知らせいたします。

すでに、人事システムは2年かけて再構築し、 (2014年4月頃の求人情報)

https://doda.jp/z/job/3000886885/

インフラに関してはAWSを採用してます。HadoopNutanixや導入してるようですね。部門が違うようなので、部を横断して対応しているといった感じでしょうかか?

AWS 導入事例: 株式会社リクルートテクノロジーズ | AWS
株式会社リクルートテクノロジーズ | casestudy
2012年、株式会社リクルート(当時)の分社化に伴い設立。リクルートグループのIT・ネットマーケティング領域のテクノロジー開発を担っている。サイバーセキュリティエンジニアリング部は、リクルートグループ横断のセキュリティ組織「Recruit-CSIRT」の中核として、サイバー攻撃の未然防止・早期検知・即時対応を行っている...
蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

データサイエンティストもいるみたい。データに対する意識が高いですね。
https://recruit-tech.co.jp/blog/2018/10/26/syuzai_4/

RSA Security Analyticsなるものも導入している。やはりセキュリティに関しては、しっかりしてますね。

リクルートテクノロジーズの事例に学ぶ 「インシデントの可視化」と「キャリアパスの描き方」
リクルートテクノロジーズは、サイバーセキュリティ対策として、2014年秋より「RSA Security Analytics(以下、RSA SA)」を導入している。巧妙化するサイバー攻撃と対峙するためには、セキュリティ脅威を可視化し、「どこで」「何が起きているのか」を知る必要があるとの判断からだ。
株式会社リクルートテクノロジーズ - Cisco Unified Computing System 導入事例
リクルート グループでは、リモート ワーク環境の実現、セキュリティの向上、3 万台以上の PC の管理コスト削減が課題でした。リクルートテクノロジーズはこれらの解決策として仮想デスクトップ(VDI)に着目し、その基盤に Cisco UCS を採用しました。
スポンサーリンク

リクルートはすでにDXを行っている

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

ここまで調べて感じたことは「リクルートグループはDXがすでに行っている」という点です。

経済産業省が出しているDXレポートに、解決すべき課題は3つあります。

  1. データを活用しきれず、DXを実現できないため、 市場の変化に対応して、ビジネス・モデルを柔軟・迅速に変更することができず → デジタル競争の敗者に
  2. システムの維持管理費が高額化し、IT予算の9割以上に(技術的負債※)
  3. 保守運用の担い手不在で、サイバーセキュリティや事故・災害による システムトラブルやデータ滅失等のリスクの高まり

3つもとも、リクルートテクノロジーとしては、クリアしている印象です。

1のデータ活用。データサイエンティストが社内に存在しており、またTableauの活用も進んでいるようです。

脱Excelで生産性15倍、リクルートが「Tableau」を選んだ理由 (1/2)
データ分析に「セルフサービスBI」を検討している企業は多いが、業務部門主導でデータ分析を行う文化を作るのは簡単なことではない。そこで「Tableau」でさまざまな成果を上げているリクルートライフスタイルに、導入のポイントやツールの活用方法を聞いてみた。

2の維持管理費の高額化。技術的負債というより、ビジネスを見据えたIT投資 です。リクルートグループがIT費用にいくらかけているか不明ですが、維持管理費は少なそうで、積極的なIT投資を行っているようです。

リクルートはビジネスの武器としてITを考えていて、この分野に投資をしていく会社がリクルートテクノロジーズなんです。実際に峰岸(リクルートホールディングスCEO)が、分社化したタイミングでそうした位置づけだと話してくれましたし、実際の位置づけも同じ。さまざまなことにチャレンジできる土壌があります。

https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/recruit-tech/

3の保守運用の担い手不在。内製化によって、ブラックボックス化を防いでいる。また、セキュリティに関しても対応を行っている。

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

ビジネスとITがしっかりと結びついているのがすごいですね。

また、ITリテラシーに関してはすごく高そう。下記の記事に書いたようなことがすでに文化として定着しているようです。仕事しやすそう。

スポンサーリンク

その他関連リンク先

【密着取材】第1弾<アドバンスドテクノロジーラボ>エンジニア 
こんにちは、採用Gの宮﨑です。 今回は、「1日のスケジュールを知りたい!」に...
億単位のビジネスを支える最後の砦 リクルートテクノロジーズ“大規模プロジェクトマネジメント”の裏側とは
2016年11月16日、株式会社リクルートテクノロジーズが、リクルートグループの大規模システム開発におけるプロジェクトマネジメントスキームについての勉強会を開催。数多くの事業領域を持ち、複数プロジェクトを同時進行するリクルートグループのサービスは、どのように作られ、支えられているのか。システム開発の観点から、同社プロジ...
リクルートテクノロジーズにて 基幹・勘定系システム開発マネジメント を募集。当社経由にて29人が転職しております。 全エージェントの中で決定率は NO1 です。 |株式会社リクルートテクノロジーズの転職・求人情報
リクルートテクノロジーズにて 基幹・勘定系システム開発マネジメント を募集。当社経由にて29人が転職しております。 全エージェントの中で決定率は NO1 です。 |株式会社リクルートテクノロジーズの転職・求人情報。キャリトレでは、自分から企業へのアプローチはもちろん、企業から直接スカウトを受け取ることもできるサービ...
お探しの公開求人情報はありませんでした。|マイナビエージェント|豊富な求人情報と確かな転職コンサルティング。
お探しの公開求人情報はありませんでした。|人材紹介・転職のことならマイナビエージェントにお任せください。非公開求人を含む多数の求人情報の中から、業界別・職種別に実績豊富な専任キャリアアドバイザーが一人ひとりに最適な転職活動を支援します。
フィード
蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

間違いや指摘などありましたら、Twitterでご連絡ください。

ベンチマーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願い致します!
蜜蜂ハチをフォローする
スポンサーリンク
社内SEと次期基幹系システム
タイトルとURLをコピーしました