TVARVCで痛い目をあった話【SAP ECC】

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

再現できない障害ほど厄介なものない。

スポンサーリンク

テーブルのバッファリング

SAPのテーブルにバッファリングタイプというものがあります。

詳しくはこちら

SAP テーブルバッファリング―3タイプ別解説
本ページではSAPでアドオンテーブル作成時に設定できるバッファタイプについて解説します。テーブルバッファリング・・・?実はこの設定はアドオンテーブル作成時の必須項目ではないため、実は理解せずともなんとなく生きていけてしまうのですが、知ってい

簡単に言ってしまえばパフォーマンスをあげるための設定です。普段はあまり意識しないので、知らなくても大丈夫と言えば大丈夫な設定。だけど、知っておきましょう。痛い目を見ました。

パフォーマンスをあげるための設定ですが、それゆえ、ひとつやっかいな問題があります。テーブルデータを取得時に、最新のデータが取得できない可能性があります。リアルタイムにデータが反映されないのです。

スポンサーリンク

夜間ジョブで障害が発生

どのような障害の説明する前に、どのようなJOBを回していたのか説明します。

ごくごくシンプルです、プログラムAのあとプログラムBをさせました。下記のような感じです。

【プログラムA】
データを取得し、必要なデータだけに絞って、
TVARVCを更新

【プログラムB】
更新したTVARVCの変数を使用して実行

このJOBは毎日毎日動いていました。何の問題もなく、動いていました。

ところが、ある日、プログラムAで必要なデータに絞っているにもかかわらず、プログラムBで対象から漏れていることが、翌日、判明しました。

バリアントを見ても、しっかりと対象に含まれているにもかかわらず、プログラムBで処理されなかったのです。必死にプログラムBを調査しました。対象になっているにもかかわらず、処理漏れしているのですから、何かの条件に合致して処理されないケースがあると仮説を立て、徹底的に調べました。

しかし、分からず。。。。再現待ちに。(なさけない。。。)

すると、半年ぐらいたったでしょうか。。。また同じ障害が発生しました。

こんなこともあろうかと、ログが出力されるように仕込んでおきました。そこで分かったのは、前日のバリアント変数でプログラムBが実行されていることです。

プログラムBはまったく問題ではなく、プログラムAが怪しいということなりました。しかし、朝出社してバリアント変数を確認すると、正しい値になってます。

プログラムAも正しく動いているのです。

ちゃんとCOMMIT AND WAIT しているのに、なぜかプログラムBが実行するタイミングで TVARVC の古い値をもってきてしまうのです。

まぁ初めに答えを書いたので、皆さんご理解されていると思いますが、 TVARVC はバッファテーブルだったので、 プログラムB実行時に、最新のデータが取得できなかったのです。

暫定かつ恒久対応として、プログラムAとプログラムBの間に5分間WAITするという苦肉の策で逃げました。

初回の 障害が発生した時点で TVARVC がバッファテーブルであることに気付くべきだったのですが、すっかり忘れてました。

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

この障害の厄介な点は、再現できないという点。

それともう一つは、単体テスト、結合テストでも見つけきれない点。

SAP ECCの障害シリーズ、今後も書きたいなぁ。

スポンサーリンク

追記 2020月4月2日

SELECT文のオプションにBYPASSING BUFFERがあることを教えて頂きました!これで障害回避が可能です!

蜜蜂ハチ
蜜蜂ハチ

多謝!

運用・保守
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願い致します!
蜜蜂ハチをフォローする
スポンサーリンク
社内SEと次期基幹系システム
タイトルとURLをコピーしました